MENU

肉割れとセルライトの違いとは?

医者

 

肉割れとセルライトを混同してしまっている人は非常に多いです。

 

しかし、2つは全くの別物となります。

 

肉割れは皮下組織である真皮やコラーゲンが裂けてしまっている状態のことを言います。分かり安くいうと皮膚の中にある皮膚が切れてしまっているのですね。

 

じゃあセルライトはどうなのかというと・・・

 

肌に老廃物や脂肪のかたまりがたまっている状態となります。
全く原因も異なれば理由も違うのです。

 

そのため、消す方法も違ってきます。
混同して片方の消し方を実践すると全く良くならないどころか悪化する可能性もあるので注意が必要となります。

 

肉割れとセルライトの見分け方

見分け方

 

肉割れとセルライトの見分け方は非常に簡単です。
全く見た目も違うのですぐに遠めからでも判断することができます。

 

肉割れの症状は線がはいっています

 

その線が皮膚の裂け目なのですね。
肉割れ線・脂肪線・妊娠線・ストレッチマークと美容用語で呼ばれており、呼び名が4つあるのですね。

 

では、セルライトはどんな見た目をしているのかというと・・・

 

ボコボコとデコボコになっています。
皮膚のところどころに小さい穴が空いている感じです。

 

全然見た目がことなるのですね。
肉割れとセルライトを見分けるのであれば線が入っているのか、丸い穴がところどころにあるのかで判断しましょう。

 

そうすれば消すための正しい方法が分かってきます。

 

消し方

 

消し方は肉割れかセルライトで異なってきます。
一つ一つご紹介させて頂きます。

 

まずは肉割れの消し方なのですが、基本的には専用の肉割れ用クリームが販売されているので、ヒアルロン酸などの成分によって保湿をおこなうとともに、傷ついてしまった真皮のコラーゲンをペプチドによって補給してやります。

 

真皮の70パーセントがコラーゲンでできているのですが、ペプチドは体内のコラーゲンの生成を促進させるためのお手伝いをする成分となるのですね。

 

コラーゲンが含まれているクリームを塗ることで体内の量を増やすことはできないので注意してください。
あくまで化粧品などに含まれているコラーゲンは体内の量を増やすのではなく、保湿としての効果しか得られません。

 

ではセルライトの消し方はどうすればいいのでしょうか?

 

セルライトに関しては脂肪の塊や老廃物がたまっている状態となります。
そのため、運動やマッサージを行うことで体の代謝をあげることにより、排出させてあげる必要があります。

 

また、マッサージを行うのも効果的です。
マッサージ方法としては専門の場所があり、セルライトをひとつひとつグッと力強くおしていきます。

 

そうすることによって塊がつぶれるので消えてなくなります。
ただ、デメリットとしては皮膚の奥にあるセルライトの潰すわけなので、すごい負荷をかけるので非常に痛いです。

 

もともとセルライトができているのであれば、代謝が低いわけなので運動などをしなければつぶしてもまだ再発してしまうので、マッサージよりは代謝を上げることを考えた方が良いです。

 

間違えると悪化するので注意

 

本来は肉割れにもかかわらず、セルライトの治療法を行うと悪化する可能性が考えられます。
体重の増加や減少により皮膚が伸縮するため、その負荷に耐えられず裂けてしまうのが肉割れの原因です。

 

そのため、セルライトと勘違いをしてダイエットをすることによって肉割れが増えてしまうことがあります。

 

ただ、既に肉割れ線ができているのならその付近の皮膚も負荷に耐えられる限界近くとなっているので、数が増えてしまうことがあります。

 

肉割れは非常に数が増えてしまう可能性も高く早急なケアをしなければいけないのですね。
ケア方法としては専用のクリームを使いながら少しづつ体重を落としていくことです。

 

ダイエットですこしづつ体重を落としていくことで皮膚の伸縮がすこしづつとなり、負荷をやわらげてあげることができるのですね。

 

肉割れは数が増加する可能性も高く、間違ったケアを行うと症状が悪化するので注意が必要となります。

 

肉割れ消すクリームはコチラで紹介