MENU

ダイエットで肉割れができたら複数できるので注意

ダイエットする女性

ダイエットをしたら肉割れができた・・・
これからダイエットをしようと思ってるけど肉割れが心配・・・

 

こんなことはありませんか?
脂肪が低下したことによって皮膚がちじむので結果、それに耐えられず肉割れが起きてしまいます。

 

しかし、これだけではありません。
ダイエットしたことによってもともとあった肉割れが目立つようになった人も多いのですね。

 

そのため、体が痩せたから脂肪線ができたのではなく、もともとあったのが見えるようになった人もいるのです。おもに、このタイプの女性は急激に体重が増加したことがあげられます。

 

美容トラブルの中でも肉割れに関しては勝手に治るなんてことはありません
皮膚はターンオーバーと呼ばれる新しい細胞が常に生まれかわってくるので治ることもあるのですが、肉割れはターンオーバーをしない真皮と呼ばれる組織が裂けてしまっています。

 

そのため、ケアを行わなければ消える(肉眼では目立たなくなる)ことはないのです。
すでに肉割れができたのであればそのそばも皮膚が引っ張られて限界にきている可能性は高いです。

 

太ももの一部分だけ急激に痩せたり太ったりするなんてことはありません。
お尻やお腹だけ太りやすい人もいますが、お腹全体であってお腹の一部分だけポコッと太るわけではないですからね。

 

そのため、一箇所でも肉割れができたのなら近くにもできる可能性があるのでケアをしっかりするようにしましょう。

 

 

肉割れがおきないダイエット方法

 

肉割れが起きる原因は急激に太ったり、急激に痩せることがあげられます。皮膚の組織が伸縮性がないので脂肪の上下で裂けてしまうのですね。

 

そのため、肉割れがおきないダイエットは方法というよりは期間となります。

 

短期間で痩せてしまえばどんな方法であろうと皮膚が伸縮についていけないので脂肪線(ストレッチマーク)ができてしまいます。

 

長期間かけてじっくり体重を落としていくことによって、皮膚が裂けるのを防ぐことができるのですね。

 

皮膚の奥の真皮が一度裂けてしまうと元に戻るようなことはありません。
きちんと肌を整えてあげることで限りなく見えなくすることはできるのですが、裂けた組織が元通りに戻っているわけではないのですね。

 

肉眼で見えなければ問題はないって意見もありますが、一度できてしまうと裂け目が広がりやすくなってしまいます。そのため、裂け目が大きくなってしまう可能性もあり危険なんですね。

 

ダイエットを行うのであれば1年、2年とじっくりと行ってちょっとづつ体重を落とすようにする。
または、きちんとクリームを使って保湿することで予防を行いながら体重を落とすようにしましょう。

 

体にできた白い線は太っていた証でもあり決して良い物ではありません。
後悔したくないのであればダイエットの際には専用のクリームを塗って予防を行いながら体重を落としていきましょう。

 

肉割れができてしまったら消すのには時間がかかりますからね。

 

ダイエットであれば妊娠線のように肉割れ線ができる可能性は高くありません。お腹の肉の減り具合が全く異なりますからね。そのため、肉割れクリームは安くて評判がいいのを重視して利用するのがおすすめです。

 

肉割れ用クリームとして安くて評判がいいのであればAFCストレッチマーククリームです。ただ、肉割れがどうしても心配だって人であればシラノール誘導体が配合されたベルタマザークリームがおすすめとなります。ただ、デメリットとしてAFCストレッチマーククリームと違い、定期購入で6ヶ月利用制限があるので注意が必要です。

 

>>>AFCストレッチマーククリーム口コミ

 

>>>ベルタマザークリーム口コミ