MENU

太っていないけど肉割れはできるの?

20代の女性

 

太っていないのに白い線、赤い線ができた・・・これは何が原因?

 

このように考える人は多いです。
皮膚に線ができるのは基本的に肉割れです。

 

肉割れは太っていなくともできるのです。

 

肉割れができる大きな原因としては急激な体重の増加や減少によってお肉がついたりすることでお腹がでたりすることです。背中や太ももにもできるのですが、脂肪がついたことにより皮膚が引っ張られてパンパンとなりますが、その伸縮に耐えられないためにさけてしまうからです。

 

でも、それなら太っていないならできないのでは?

 

そう思うのですが、他の理由でもできることがあります。それは、代謝が低下してしまったことにより肌のハリが失われてしまったときです。

 

新陳代謝がおとろえると、肌にかかせない成分が体全体にいきわたらなくなります。そのため、角質層の保湿機能やバリア機能が低下をしはじめ、だんだんと肌は乾燥をしやすくなるのですね。

 

肌に水分が失われてしまうことにより肌のハリはなくなってきます。保湿をしていれば弾力性のある皮膚をつくれているのですが、その能力が低下してしまっているので、ほとんど太っていないにもかかわらず、肉割れができてしまうのです。

 

新陳代謝がおちることにより肌の弾力が失われ伸縮性のない状態になるってことですね。

 

目に見えて太っていなかったり体重が変わっていなくとも、筋力が脂肪に変わったりしています。
代謝が低下してハリの失われた状態なので少しの脂肪の増加などで肉割れ線が入ることになるのです。

 

太っていない人なら

男性

 

肉割れの予防にしろ、消すための対策にしろ方法はクリームを使うことになります。

 

肉割れができていない人であれば予防するためにも保湿力の高いものが特にいいです。そのため、プリモのような保湿力の高いクリームによるケアをおこなうといいです。

 

まだ、皮膚に線が入っていないのであればできるだけ費用も安くしたいと思いますが、プリモは定期購入で非常に安く販売されているので丁度いいはずです。

 

しかし、肉割れがすでにできてしまったのであれば予防ではなく消すためのクリームをつかうといいです。

 

消すための対策にしろ予防とほとんど同じで保湿をすることが非常に大事ではあるのですが、プリモはどちらかというと予防したい人のためにつくられたクリームです。

 

消したいのであれば、ノコアのようなすでに肉割れができてしまった人のためにつくられたクリームを利用するといいです。

 

薬局やドラッグストアで販売されているクリームもありますが、基本的に市販の安いクリームは予防したい人のためにつくられています。そのため、消す効果をほとんど感じていない人も多いです。

 

肉割れを消すなら既にできてしまった人のために開発されたクリームであるノコアを利用するのがいいです。

 

>>>ノコア口コミ

 

>>>プリモ口コミ