MENU

お尻の肉割れはセルライトと間違える人が多い

 

肉割れとセルライトを混合してしまっている人は非常に多いです。しかし、セルライトと肉割れは別なので間違えてしまうと逆に悪化する可能性もあります。

 

特にセルライトはお尻にできやすく肉割れと間違えやすいです。

 

正しい方法でケアをして目立たなくするためにもまずはあなたのお尻はどちらなのかを把握しましょう。
見分けるためのポイントはどんな跡ができているかです。

 

  • 肉割れは線が入る
  • セルライトは穴ができる

 

肉割れであれば赤い線または白い線が入っているはずです。赤いのは出来たばかりの症状で時間とともに白い線へと変わっていきます。

 

一方、セルライトであれば線ではなく、丸い穴がところどころに空いている感じとなります。
ボコボコ穴が空いているようであればセルライトとなります。

 

どちらも見た目は全く異なるのですぐに見分けることが可能なはずです。
セルライトであれば運動をして体重を減らすとともにマッサージなどが効果的ではあるのですが、肉割れだと運動することによって逆に肉割れ線が増える可能性があります。

 

肉割れとセルライトを間違った認識で消すための対策を行っていくと悪化する可能性があるので注意が必用です。

 

お尻の肉割れを消すなら

お尻の肉割れ消す

 

肉割れに関しては完全に修復することはできない皮下組織である真皮と呼ばれる皮膚の細胞まで裂けてしまっています。そのため、完全に治ることはありません。

 

しかし、しっかりとケアをしていくことで肉眼では消す(見えなくする)ことができます
皮膚の内側に関しては裂けているのですが、表面上からは肌を整えることによりだんだんとうすくなっていくのですね。

 

お尻の肉割れを消すのであればクリームを使って毎日ケアを行っていく必用があります。専用のクリームが販売されているので、通販やドラッグストアなどで購入することができます。

 

クリームを選ぶポイントとしてはペプチドと保湿成分が含まれたものです。

 

ペプチドには体内のコラーゲンの生成を手助けすることができる成分です。
真皮の70ペーセントはコラーゲンでできているのでかかせない成分なのですね。

 

お尻に入っている肉割れ線が白いのであれば、まだ皮膚の組織が裂けたばかりです。ただ、その付近に関しても同様に裂ける可能性があるので予防を同時に行う必要があります。その予防を行うに大切となるのが保湿なのですね。

 

ハリのあるお尻をつくりだすことによって肉割れがおきづらい体を作りだすことができるのです。そのため、予防成分として保湿効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンが含まれているのはかかせません。

 

普通のボディケアクリームで人気のだと『ニベア』があります。ただ、ニベアを含め薬局やドラッグストアで販売されている肉割れクリームの多くは妊娠線を予防する為になっています。

 

すでに肉割れの線が入っている人用に作られているのであれば、ノコアが人気です。ほとんどが予防したい人向けだったのですが、すでに肉割れができた人向けに開発がされ、累計15万本売れるほどの大人気となっています。

 

>>>ノコアの詳細へ

 

筋トレや太っていないのにお尻に肉割れができる理由

 

肉割れは多くの人が太っているとできると勘違いをされています。しかし、それは間違いとなります。たとえ、太っていなくて痩せていても発症する肌トラブルなのですね。

 

痩せている人でも、多少の肉が付けばサイズは大きくなります。そのため、皮膚が引っ張られてしまい断裂を起こしてしまいます。

 

また、筋トレなどしている男性でも同じです。筋肉が付くことによって引き締まったりはするものの、お尻のサイズが大きくなったりします。そのため、断裂を起こしてしまうので肉割れ線が入ってしまいます。

 

肉割れの原因は太ったことではなく、サイズが大きくなったことによって、皮膚が引っ張られ断裂をしてしまうからなのですね。体重に変わりはありません。あくまで太っているとおきやすい肌トラブルでしかないのです。

 

特にお尻はイスに座ったりすることで、新陳代謝が低下をしてしまい、乾燥をしやすいです。肌が乾燥をすることで弾力が失われてしまいます。そのため、肉割れができやすい箇所でもあるのですね。

 

自分でなく病院で消す方法もある

 

お尻の肉割れは自分でクリームを使ってケアをする方法だけではありません。病院での治療で消す方法もあります。

 

レーザー治療と炭酸ガスと呼ばれる2つの手術方法があります。

 

一般的な総合病院ではなく、治療を行ってくれるのは美容皮膚科と呼ばれる、肌トラブルを専門的に扱うクリニックです。

 

病気ではないので健康保険が適用をされず、総額で30万円程度はかかると考えた方が良い高額治療ではあります。1回の治療日は数万円程度ですが、即効性があり、すぐに消える訳ではありません。

 

そのため、10回と通院をする必用があるので、総額だと高くなってしまうのですね。

 

ただ、金銭的余裕があって、病院の方が安心できるって人は美容皮膚科でも肉割れは消すことができます。

 

おすすめの方法はクリーム!その理由を紹介

 

病院での治療は高額となってしまいます。私の場合に関してはこの時点で選択肢となくなってしまいますが、クリームがおすすめな理由は別にもあります。

 

自分で肉割れケアができるので、病院のように何度も通院する手間はかかりません。
また、お尻をクリームでケアをしていれば、潤いも入るので美尻ケアといっても良いです。

 

保湿成分からハリと弾力のあるキレイなお尻にすることができるのですね。

 

費用・手間がかからない・お尻のケアの3点の理由からクリームを使った方法がおすすめとなっています。

 

>>>ノコアの詳細へ