MENU

肉割れはかゆくて痛いのか?

肉割れの症状

 

肉割れの症状をご紹介致します。

 

肉割れを起こすと痛みやかゆみを伴うことはあります。
ただ、妊娠のように一気に急激に体の部位が大きくなることはないので、そこまでの痛みなどではありません

 

全く痛みを伴わない人も非常に多いです。

 

痛みを伴うのであれば急激に太ったはずです。
すでに肉割れができた場所に関しては裂けてしまっているのですが、その脂肪線が入っている付近の皮膚も裂ける限界に来ている可能性が高いです。

 

そのため、痛みを感じるのですね。
ほおっておくと、皮膚の裂け目がどんどん増えて肉割れ線の数たくさんできるようになってしまうので早めの対処が必用となります。

 

よっぽど急激に太らない限りは肉割れで痛みを伴うことはありません。
実際にわたしも肉割れ経験者ではあるのですが、痛みをともなうようなことはありませんでした。

 

鏡を見たときに気づいたら体の赤い線が入っていた程度です。

 

痛みを感じるのであれば裂ける限界なので太らないように運動をするなどを心がけるとともに、しっかりとクリームで予防をするようにしましょう。
肉割れを消すのよりもまずは予防をしっかりして数を増やさないようにするのが感じんとなります。

 

 

痛みを伴う肉割れの対処法

肉割れ対策

 

肉割れの予防にしろ、消す方法にしろ基本的には同じでクリームを使って皮膚のコンディションを良くする必用があります。

 

ただ、痛みを感じているのであれば消すことよりも更に増えないようにする予防をしっかりとしたほうがいいと思います。

 

予防するための大事なことは保湿をして、肌にハリと弾力を持たせることになります。

 

ハリと弾力性が上がることにより皮膚が裂けてしまうのを防ぐ効果が得られるのですね。

 

肉割れ専用のクリームが販売されているのですが、そのなかでも出来るだけ予防効果を高めるためにも保湿効果の優れているものを選ぶといいです。

 

保湿効果の高いクリームであればノコアとプリモが上げられます。
特にノコアにはビタミンC誘導体と呼ばれる肌への浸透率が200倍もある高級化粧品などに含まれていたりする成分が使われています。

 

しっかりと皮膚の奥にある各層まで保湿成分であるビタミンCが浸透をしていくので、しっかりと保湿の効果を体験することができるはずです。

 

また、痛みを感じているのなら既に付近の皮膚が裂ける限界にきている可能性が高いです。
そのため、クリームで保湿をしながら少し脂肪を減らす対策を行うといいです。

 

まずは、一駅手前で降りたりして歩くだけでもいいです。
ちょっとづつでもいいのでダイエットをしていってください。

 

太ったことに関してはダイエットをしてやせることはいつでも出来ます。
しかし、肉割れは完全に治るようなことはありませんし、うすくしていくには時間がかかります。
クリーム代もばかにならないですからね。

 

そのため、ダイエットと違って簡単にあきらめてしまうのだけはさけたほうがいいです。
ちょっとの油断した心で肉割れ線の数が増えてしまい後悔することになりかねないです。

 

ひどい症状の人ですミミズ腫れのようにくっきりと線が入ってしまいその数も多いです。
女性であれば肉割れができたために海で水着になれない人も多いです。

 

そうならない為にも、痛みを伴うほどならしっかりと予防が大事です。

 

注意点としては急激なダイエットは脂肪が減ってしまったことにより、皮膚がちじみ肉割れの原因となります。
2ヶ月、3ヶ月とかけてダイエットを行っていくようにしましょう。

 

ダイエット中に出来た肉割れにおすすめのクリーム