MENU

肉割れ消すならオイルよりクリームが一般的

 

肉割れを消すために一般的に利用者が多いのがクリームです。

 

ただ、一部オイルを利用する人もいます。オイルといっても色々と種類はあるので肉割れでできた脂肪線への効果は様々なのですが、基本的にはボディケアをするために開発がされたのが多いです。

 

肉割れのケア用でつくられている有名なオイルなどであればバイオイルがあげられます。顔やボディなど色々な箇所で使えるように開発がされた美容オイルとなっています。肉割れでできた線だけではなく傷跡などにも用いることができます。

 

一方、利用者が多いクリームとなると肉割れを消したい人や予防したい人のために開発がされた専用のものが色々と販売されています。大抵が予防のためのクリームなのですが、一部ノコアのように肉割れを消したい人のためのものもあります。

 

脂肪線のケア専用で開発されているので利用者が多いのですね。

 

オイルとクリームならどちらがいい?

 

美容関係の掲示板などを見るとオイルを使ってみたが効果がないので、クリームを教えてくださいと質問している人をみかけたりします。では、オイルだと効果はないのでしょうか?

 

色々なものがあるので一概に効果をいうことはできません。
ただ、わたしとしては成分を考えるとクリームを利用した方がいいと思います。

 

オイルと肉割れ用クリームでは含まれている成分が異なってきます。
どちらにも含まれているのが保湿成分です。

 

保湿することによって肌にうるおいを与えハリと弾力のある肌をつくることができるので、肉割れ対策にはかかせません。そして、オイルには含まれていないことが多いのですが、クリームであれば配合されていることが多いのがペプチドです。

 

肉割れの白い線や赤い線は肌の皮膚が裂けてしまったのが原因となっているのですが、跡として残ってしまうのは真皮と呼ばれる肌の奥にある皮膚の細胞が裂けてしまっているからです。

 

この真皮の70パーセントほどはコラーゲン成分でできているのですが、ペプチドはコラーゲンの生成を役立てる成分です。そのため、ペプチドが含まれたクリームを利用するほうがいいと思います。

 

ただ、注意がひとつ。コラーゲン成分でできているのならコラーゲンが配合すればいいのではと思う人も多いのですが、全く無関係となります。コラーゲンの配合されたクリームを利用すれば体内のコラーゲンが増えるわけではないので、意味がないのですね。

 

人気のクリーム

 

肉割れを消すためのクリームで人気なのであれば先ほどちらっと紹介したノコアです。ノコアは薬局やドラッグストアで販売されているような肉割れ予防のクリームではなく、すでに線がからだにできてしまった人のためのクリームとなります。

 

肉割れと全く症状が同じで呼び名が違うだけの妊娠線クリームであれば予防のために使う人がおおいです。お腹が大きくなるのが分かっているので皮膚が裂けないためにも予防対策をおこなうのですね。

 

しかし、肉割れとなると大抵は予防というよりもすでに出来てからケアをする人が多いです。そのため、すでにできた人のために開発がされたノコアが販売されてから急激に利用者が増えているのですね。

 

肉割れを消したいのであれば保湿成分とペプチドが配合されており、すでに出来てしまった人のために開発されたものを利用するといいです。

 

>>>ノコアについてはコチラ