MENU

脂肪線を消す方法は肉割れと同じ理由

肉割れ消す

 

肉割れには全部で4つの呼び方があります。

 

  • 肉割れ線
  • 脂肪線
  • ストレッチマーク
  • 妊娠線

 

勘違いしている人も多いのですが、これらは全て同じことなのですね。
脂肪が付いてしまったことにより皮膚を形成している組織がパンパンに膨れ上がる結果、真皮と呼ばれる組織が地割れを起こすかのように裂けてしまうのです。

 

原理は全て同じなのですが、ただ、唯一妊娠線だけ妊娠したことによって呼び名が変わっているのですね。

 

脂肪が増えることが原因となるので大抵は太ったことによって発生することが多いです。
そのため、脂肪線ができているってことは太っていた証とも思われてしまうのです。

 

何とか消さなければなりませんよね!?

 

ただ、ダイエットをした際にも発生するなんてことはあります。
それは太るのと逆に体の脂肪が減ったことにより、皮膚がちじんでしまい体の変化に耐えられないために真皮が裂けてしまうのですね。

 

脂肪線も肉割れもストレッチマークも消すための方法は全て同じとなります。
原理が同じなのですから

 

脂肪線を消す方法

脂肪線を消す

 

脂肪線が肉割れと同じなのですから消すための方法も同じとなります。そのため、できることはクリームを使って皮膚の組織を再生させる美容液を浸透させるか、レーザー治療を行うかになってきます。

 

マッサージなどを行うと効果的ではあるのですが、クリームを一緒に使わなければ効果はほとんどありません。無料でできるのですが、しょせんはその程度の効果になってしまうのですね。

 

こと脂肪線に関してはターンオーバーをして皮膚が再生する表皮とは別の組織が裂けてしまっています。
そのため、勝手に消えていくようなことはないので、ケアが必要となるのですね。

 

レーザー治療を行ったらすぐに消えるなんてことはありません。
結局は美容クリニックでの治療といっても完璧ではないので、普段のケアではクリームを使用することになります。

 

2つの方法を行うか、クリームのみで行うかの違いとなるのです。

 

消す方法はトップページにて詳しく紹介しています。
肉割れ消す方法

 

 

脂肪線ができやすい場所

 

脂肪線ができやすい場所というのは脂肪が付きやすい場所があげられます。

  • お腹
  • 太もも
  • お尻

他にも背中やヒザ裏に白い線が入ってしまうこともあります。脂肪がつきやすい腕・お腹・太もも・お尻にできることが多いのですが、もともとあまり脂肪がないため太ったことによりヒザ裏や背中にもできることはあるのですね。

 

どの体の部位にしろ治療方法は変わりないので安心してください。

 

ヒザ裏や太ももとなると女性であればショーパン(ショートパンツ)やスカートをはくことができないので、好きな洋服を着ることができなくなります。いざ、好きな人ができたときにおしゃれをできるように早めに消すための対策は行っておいた方がいいのですね。

 

既に彼氏がいる人であれば注意が必要です。
男性は女性の体も愛情がわく大事な一部となるので、脂肪線があることでがっかりされてしまうこともあります。

 

もちろん、直接いうような男性はいないと思いますが・・・

 

内心ではがっかりしているのですね。
男性が女性の体を触りたいと思うのはそれだけ肉体への愛情もわきやすいってことなんです。

 

脂肪線は勝手に消えるようなことはないのでしっかりとケアを行いましょう。

 

脂肪線を消すなら